本日もクラチャは長閑なり|ぴーすv|クラクラ攻略ブログ

スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」でクラン「ぴーすv」のリーダーブログ!のんびりまったりとクラン運営についてブログ書いてるぜ!

全壊取りたいよー

こんにちは〜。
毎日めちゃんこ寒いですねぇ。
ぴーすvのリーダーことみパパだよ!

なんかさ、ここのところ(いやかなり長いこと)ずっとクラン運営に力を入れてなくてですね、、。完全に弛緩モード、ぐうたらしちゃってるんですよね〜。

例えば、グロチャでせっせこ勧誘とかしてないですし、朝から深夜までクラチャに張り付いてたりもしてなくて、twitterばかりしてる訳でもなく、ブログばかりやってる訳でもなく、のんびり過ごしちゃってるんですよね。

何ででしょうかね。

クランは相変わらずのんびりしてて、みんな仲良くしてるし、たまに誰かが挨拶しに来て誰かが挨拶返して、たまに誰かが援軍もらいに来て誰かが援軍入れてあげるという感じで、まったり平常運転。

何かね、わたしこういう牧歌的なクランの雰囲気大好きなんですよね。全く疲れない感じ!?これなら365日クラン対戦したりファーミングしたり、遊び続けられるような気がするなぁと。。。ま、放置したらいつかキックするけど。

以前は、すんげえガツガツやってたんだけどね、どこかのタイミングで肩肘張るのやめたんですよね。そんな肩肘張って全身で力んで、私はリーダーだ、頑張ってすんごいクランにしてやるぞって!思ってやるよりも、ふわふわふわぁ〜としながら、今日もうちのクランは長閑ですね〜ってクランにしてる方がかなりいい。

サブリのエレちゃんが最初にぐうたらし始めたんだけどね、私はそれに乗っかる感じになってんだけどね。

そんな訳で、、今日もだらだらぐーたらクラクラやっております!

以上!

こんばんは。
ぴーすvのリーダーしております、ことパパです。

ついにクラメンにブログの存在を打ち明けたのであーる。

これできっとメンバーのみんなは日々の私の記録をチェックして、クラチャで話題になるはず!
 
さてと、不定期連載シリーズ「クラン対戦のあり方」第5回のテーマは、「観戦」です。
クラン対戦って応援するのとかそれほどメインアクティビティではないんですけど、イベント大会とはでは有名プレイヤーのアタックとか、雌雄を決するような大一番では結構観戦したいという方はおられるんじゃないかと思うんですよね。

例えば、クラチャンが今月からスタートさせたクラチャンリーグ。どんな大一番が取り組まれているのかみんな興味津々ですよね。そこに、観客席があったら、嬉しいですよね?

もちろん、後でプレイを見ることはできますけど。
観客がクラチャやグロチャと似たような「観客席チャット」 みたいなところで「やいの、やいの」言って盛り上がってたりするのも良いのではないでしょうか?

メイフェザーとバッキャオの一戦のようなメーンイベント、これを対戦しているクラン以外の方にもライブで観れる仕組み、こういうのもクラクラにあったら良いなと思ってます。

それでは。 

おはようございます!
ぴーすvのことみんパパです!

第121戦、対戦相手はフランスクラン、15人対戦。対戦結果は、40-41で敗北しました。悔しいですね。


ここはしっかりと反省して、次のクラン対戦ではしっかりと勝利に繋げていかなくてはいけません。

相手は序盤のうちに猛攻をしかけてきて、スコアを38まで伸ばしてきました。うちはそれを追う形で試合は進行していきます。

自分たちも中盤でなかなか良い具合に星を獲得できており、相手の上位陣をきっちり全壊してましたので、中盤時点では互角かやや優勢に進めていたと考えてます。

ただ、魔物が潜んでいるもので、終盤で追いこんで抜かせるだろうという余裕が出てきてしまったのか、ここからのアタックがなかなか成功していきません。

すべて全壊取ることが必須条件ですから、それを達成するのは容易いことではありません。

相手のベースは一見するとそんなに難しそうな陣ではないんです。でも、そこを正攻法できちんと落としに行こうとしても落とせない。そういう陣がたくさんありました。

また、一見すると簡単そうに見えるけど、初見殺しの陣。本格的な全壊対策陣なども含まれており、私たちのような素人クランにはまだまだ立ち行かない攻撃相手でありました。

実は、わたしも、中盤時点で今回も勝ちは貰ったかなって若干余裕に思ってたんです。気をぬくな、何があるかわからないぞとは思いながらも、安心してたフシはあります。

手付かずの村を終盤に2個残したままであったことなど含めて、試合の進め方については改善いていく必要があるなと思いました。

さあ、ここからまた頑張っていきましょう!クラン対戦は次もまた来る!この悔しさや喜びが堪りません!

それでは!

↑このページのトップヘ