本日もクラチャは長閑なり|ぴーすv|クラクラ攻略ブログ

スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」でクラン「ぴーすv」のリーダーブログ!のんびりまったりとクラン運営についてブログ書いてるぜ!

全壊取りたいよー

こんにちは!
ぴーすvのことみんパパです!

た、たぶん、毎回自分の名前正しく書けてない。

この不定期連載「クラン対戦のあり方」では、私が好き勝手にこういう対戦やれたら楽しいんじゃないの?って思ったことを徒然なるままに書いております。これまでにイベント対戦やリーグ戦のお話をしてきました。第4回は「トーナメント対戦」についてです。

我がクランこそクラクラ界の頂点!

トーナメント戦、、、トーナメントツリーを勝ち進み、最後に勝ち残ったクランこそが優勝、「私たちのクランが最強です!」と声高らかに勝ち名乗りをし、また頂点に立ったクランは尊敬される脚光をあびることのできるシステムです。現行のクラクラではまだ実現できていない対戦システムになります。

おそらく大規模な頂上決定戦的なるものが行われたのはTH9最強決定戦の「明星杯 」、TH8最強決定戦の「会長杯」ではなかろうかと思います。それぞれのクランの看板を背負ってプライドを賭けた真剣勝負。名誉と栄光をかけて知力体力使う熱い戦いが繰り広げられたに違いありません(あくまで妄想:私は交流試合したことないんです)。

えっと、ちゃんと調べてませんが、2015年を振り返ると(ponta杯、ドズル杯、ロジック杯、明星杯、会長杯の5サンプルしかありませんが)と、トーナメント形式のイベントはまだ実施されたこともないように思います。あ、すみません、ありましたね。Supercell社がヘルシンキで主催した「ClashCon」ですね。

私的にも、頂上決定するなら、やはりトーナメント戦!やろうぜ、トーナメント戦!一番強いクランがどこなのか勝負して白黒つけてチャンピオン決めようぜって!「ClashCon」では、世界各国の強豪が集い世界一をかけたトーナメント戦が行われました。本当に凄まじい熱気がありましたよね。

10697337_874240376016145_8130498503503102337_o


リーグ戦よりトーナメント戦じゃないかな〜(遠い目)

トーナメント戦のメリットって勝者と敗者が1発で決まること。リーグ戦のように全クランが何試合も対戦を繰り広げる必要はなく、その一試合で勝敗が喫しますから集中力をキープすることもできると思います。また、トーナメント運営の方がリーグ運営よりかは幾分ハードルが低いように思います。私の個人的な意見みですが、トーナメント=期間が短い、リーグ=期間が長い。大会期間中に、出場クランがある日突然消滅することがないわけではありません。欠場クランが増えると、大会の面白みにも影響を与えますから、そう言ったリスクを考えた場合には、期間が短いトーナメントの方が安定運営が実現できそうです。

というわけで、いや、何度も毎回同じことの繰り返しなんですけれども、もっと面白い「クラン対戦のあり方」ってあるんじゃないかな、「クラン対戦の場の提供」ってできるんじゃないかなと、クラクラ自身がそういうことへの取り組みを考えてくれているはずです。私は信じています。なお、2014年からトーナメント制の導入リクエストは上がっているそうですね。本家 "Supercell Community Forums"によると、73%のフォーラムユーザから支持されています。

"Introducing Clan War Tournament!" (リンク元 Supercell Community Forums)

今回初めてクラクラ本家に世界中から寄せられているリクエスト(英文)をチェックしましたが、あるわ、あるわ、山のように、、、たくさんリクエスト来てるんですね。こんなタスク山積みにされてるんですから、しばらくアップデートで楽しめそうです。楽しみ楽しみ。

こちらは、要望リスト集(「要望する前に一度は目を通してくださいお願いします涙」というページの原文の引用)をそのまま掲載しておきます。

Clan Related:

  1. Advanced Clanless Search
  2. Clan Troop Bank
  3. New Leadership Positions/Roles
  4. Fast Clan Transfer and Designating Sister Clans

Clan Wars Related:
  1. Make heroes usable in wars while upgrading
  2. Four star battle system for Clan Wars
  3. Clan War Tournaments
  4. 23 Hour War Preparation Day

Battle Related:
  1. No troops selected while nexting

Interface Related:
  1. Night/day mode for the game's interface
  2. Laboratory To Show Current Upgrade Icon

Profile Related:

  1. List of previous clans activity

Miscellaneous:
  1. The Level Up Reward
  2. Village Lock Mode + Select all Buildings
  3. Add new flags to the game
  4. Add new languages to the game

早く風邪治そ。。。  

こんにちわ。ぴーすvのことみんパパです。

木曜日の夜あたりから調子を崩し始めて、気がついたら40度近くの高熱うなされており、ブログを更新できませんでした。

いろいろと書き溜めていた記事も手付かずで、その間に書き溜めた記事の一つはボツネタに。。。

さて、そんな朦朧としながら、ふらふらの中、あまりクラン戦にも参加できずに、みんながバリバリと頑張って全壊を取っていきなんとかパーフェクト達成できました。

やったー。

2016-01-16-22-31-32

最近、クラメンの実力がかなり上がってきており、特にTH9のアチャクイレベルがだいぶ上がってきたこともあり、クラン対戦が安定してきた感じがします。 

私個人的には、今年初めての星6個を獲得できました。2戦どちらも同じ編成・戦術で、同じ戦略「エイヤーゴレホグ」だったのですが、 こんなんでうまくいくんかー!?と驚いてしまいました。すごく嬉しいんですけど、普段入念にチェックしたり、ストーリー立てしたプランをしている時は全壊なんてできないので複雑な気持ちでした。

引き続き、頑張っていきたいと思います。

2016-01-17-11-47-06

2016-01-17-11-45-57

今回はこれぐらいで、それではまた! 

こんばんは!
ぴーすvのことみんパパです。

これまでの不定期連載シリーズ「クラン対戦のあり方」では、以下の二つの事について書いてきました。

  1. イベント対戦にいて
  2. ランリーグ戦について
初回のエントリーでは、「イベント対戦」をもっとお手軽にどんな人にでも開催できるようにしたいという点と、ホームクランを飛び出さずにイベントに参加したいという点についてツラツラと述べました。

今回は「イベント対戦」の続きを書いていきます。


さて、続き、、、、

同じような事は誰でも考えているものでして、いや私のような裾野プレイヤーですら考えつくような事ですから、イベント対戦の簡略化については様々な方面で草の根的な活動がなされていました。

イベント対戦てどうやるのさ!

例えば、パンドラの箱庭のダチヒロ氏もイベント対戦の開催までのプロセスについてとても丁寧に主催者側の目線ですべきことを紹介して頂いております。


※ この記事、実は、年末に自分がtwitterでダチヒロさんに「マッチング係数」について計算の仕方などを質問しましたところ、年明けに少し手が空いたら記事にしますよと言って頂いていて、ご本人がちゃんとそれを覚えていてくれて記事にしてくれたのです。本当に感謝致します。ありがとうございます。

うわー複雑な計算なんてしたくないよぉ

マッチング係数の説明はしませんが、その計算とかとても骨の折れる作業らしく、その面倒な作業を主催者様がなんとかこなして楽しいイベントが開催されてるんですね。そんな現状に対して、昨日1/13にクラクラチャンネルのドズル氏がtwitterにて「クラチャンアワードにおいてマッチング係数の自動計算とメンバー振り分けに関するウェブ機能をユーザに提供する」との発表をしています。


これとか開発するのに2ヶ月とか書いてるし、本当に個人なのか有志数名なのか詳しくはわからないのですが、感嘆です!ぜひみんなで活用して盛り上がってしまえばいいのではないかと思うわけです。

人集めとかそういうのもねぇ、、、無理です、、、というあなたへ

ドズル氏の発表と前後して同日にネコふんじゃったのRomanesque氏も誰でもお手軽に紅白戦を実現させる方法の一つのアイデアとして「インスタント紅白戦」の紹介記事を投稿されています。


この記事読むと、調整村さえ用意すればいいわけですから10人規模のインスタント紅白戦がお手軽に開催できてしまうわけです。調整村をえっちらおっちらと対戦クランに移動させるくらいで済んでしまいますからね。もちろん10人対戦だとマッチングで事故る可能性はかなり高そうですが。

このように、行動力のあるクラクラファン層では、まだ限定的にしか利用できていない特定の楽しみ方をプレイヤー一人ひとりが享受できるような地道な取り組みをなさっています。

その行動力すばらしいですね。私も見習いたいです。日々の努力みたいなことは常に継続していきます。

本当にイベント対戦の童貞がこんな記事書いても妄想ばかりになってしまうんですけども。イベント対戦ってきっといいですよね。意中の相手とクラン対戦できるようにするのって素敵な事だと思いませんか?

クラクラがイベント対戦サポートして!

そんなイベント対戦ってフレームワークをクラクラの中で実現できたっていいはずなんです!!絶対にそうするべきなんです!!

お互いに対戦合意さえ取れているのであれば、マッチング係数などの調整もせずに戦ったって二つのクランの間では問題はないはずです。たとえそれがめちゃくちゃミスマッチだったとしても。。。

いや、そんな単純には行かないよ!

ゲームシステムとしては問題点はこんなにあるよ!というの意見がすぐに出てきて、みんなでモニャモニャぎろんが紛糾してしまうのも何となく分かります。例えば、クランXPの付与はどうするのかなど容易に想像つきますが、それら解決すべき課題を乗り越えてですね、ぜひクラクラとして今のグローバルなマッチングスキームに加えてイベント対戦的なスキームも実現できると嬉しいですね!

今回はここまで以上です!

微笑のポチョムキンさん!大好きぺろぺろ!

私は百式が大好きです。
(これが言いたかった。。。)


↑このページのトップヘ