本日もクラチャは長閑なり|ぴーすv|クラクラ攻略ブログ

スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」でクラン「ぴーすv」のリーダーブログ!のんびりまったりとクラン運営についてブログ書いてるぜ!

全壊取りたいよー

こんばんは。
ぴーすvのリーダーのことみです。

今朝は寒かったですねー。
昨日から寒波だ寒波だと盛り上がってましたが、
出勤するころには東京でも雪が降り始めまして、
冬用のコートとかをクロークから探してたら
遅刻しそうになりました。

Cx_-XZxUsAAV5Z7

そういえば、ここのところ仕事がやや忙しかった
んですよね。プロジェクトでスケジュール遅延が
発生したこともあり、鎮火するまで仕事に専念
してました。

そのため、
Twitterやブログからも少し遠ざかってまして、
クラクラする時間だけは削らないように、
毎日クラクラばかりしてました。

そんな状況も一旦は落ち着いて、先週くらいから
ぼちぼち界隈での活動時間を増やしつつあります。


仕事が忙しくて、いろいろなアクティビティを
制限してみてわかったことがあります。

それは、やっぱり Twitter やブログよりも、
クラクラ以上に大事なものはないなと。

改めて痛感しました。


忙しいでしょ。

遊ぶ時間はあまりないわけでしょ。

そうすると、電車の中でもクラクラやろうっと。
寝る前でも、クラクラやろうっと。

ちょっと時間があって、スマホがいじれるなら
その時にクラメンと会話をしたり。

アタックのことをみんなと考えたり。

これからのクランのことをエレちゃんと
考えたりとか。

クラン運営っていうか、
クラメンとのコミュニケーションに
いつも以上に気合いを入れられるように
なったわけです。

その結果かどうかはわかりませんが、
ぴーすvは今現在とても活気がついております。

みんな忙しい中でマイペースに遊んでるだけ
なんだけど。

なんとなく活気付いてる気がする。
誰ってことはないけど。


というわけで!!!!!

「秋のエレちゃん祭り」を
現在開催してます。
 
「クラメンがクラクラを一丸となって楽しむ」
という趣旨のこの企画、春、夏と続き、
久しぶりのお祭りです。

相手は戦略的早あげもいるけども、
一生懸命頑張ってみんなで勝つぞー! 






それでは!
おやすみなさい! 

こんにちは。
ぴーすvのリーダーことみです。

今朝は
「なんだか少し寒くなってきたな。。。」
なんて思って外出したんですけど、

夕方になって出先で用事を終えて
外に出てみたら、朝よりも
一段と寒くなってて、
びっくりしました。

歩いてる最中も
気温はどんどん下がり(体感)
ダウンのフードをかぶって、
首回りしっかりガードしながら
30分くらいかけて
帰ってきました。 


◆農場ゲームの話、、、

そういえばクラクラを始めた頃、
私はもう一つ別のゲームに
ハマってました。

「FarmVille2: のんびり農場生活」

ヘイデイと同じ農場ゲームなのですが、
このゲームにも「クラン」と似た
プレイヤーが助け合う「協同組合」
と言うグループがありました。

◆優良組合だったはずなのに、、、

私は、そのゲームの中でも
いつも上位にランクする
優良組合に参加してました。

その組合は全員とても仲良しで
毎日チャットが滝のように
流れてました。

でも、小さな事がきっかけで
内部分裂が起き、様子がどんどん
おかしくなり、組合は予告もなく
消滅してしまいました。

それまで、もの凄く盛り上がって
いたのに呆気ないものでした。

ネットゲームではあるあるですね。



◆最初は小さな綻びだった、、、

事の発端は、
リーダーとサブリーダーの喧嘩でした。

ある日リーダーが組合ランク1位を
目指すと言いだしました。

サブリーダー以下、古株メンバーは
「仲良く楽しく助け合いながら」
ゲームをしたかっただけなのにと、
反発しました。

3か月くらいはそれでも組合の結束
は硬く変わらず楽しい日々が続いてました。

でも、リーダーやサブリーダーは
裏でLINEやFacebookで互いの陰口
を言い合っていました。

徐々に派閥が出来上がり、
求心力を増していったサブリーダーが
ある日を境にリーダー以上の
存在感を示すようになって
行きました。



◆醜い派閥争いが始まりました、、、

サブリーダーとその仲間達(古株)は、
リーダーと対立し始めました。

正直リーダーは人望ありませんでした。
頼りないリーダーでした。

それでも、
組合をランキングトップ10まで
伸し上げた実績が自信となり、
新規メンバーを束ねてリーダー陣営を
形成して行きました。 



◆なんというか疑心暗鬼、、、

私は両方の陣営から信頼されてました。

信頼されてたと言うよりニュートラル
で人畜無害な存在で利用しやすい
組合員でした。 

毎日毎晩のように、
リーダーから愚痴を聞かされました。

「どうせみんな僕の悪口を
   言ってるんでしょ?」

そして、毎日毎晩のように、
サブリーダーからリーダーへの
不信感を聞かされました。 

「リーダーは私たちのことを
    嫌ってるに違いない」

お互いに疑心暗鬼。
負のパワーが日々マグマのように
溜まっていくのを見てました。



◆そしてリーダーは動いた、、、

サブリーダーは連日のように組合方針に
関して苦言を呈し続けました。

リーダーのストレスは相当のものだった
と思います。

そして、ある日の晩、リーダーは
久々にチャットに現れて、

「全員キックして組合を消します」

と。

こうして一つの組合が空中分解していく
一部始終を目の当たりにしました。

虚しい気持ちになりましたね。

私はこの事件が起こる少し前に
両方の話を聞き続けることに疲れて
組合を脱退していました。



◆みんな仲良しだったはずなのに、、、

最初は本当にみんな仲良しでした。
互いに互いを尊重してました。
いつも明るく気持ちの良い人ばかり。
とても居心地の良い空間でした。

30人を超えて来たくらいでしょうかね。

徐々に古参が新参と馴染めなくなり、
チャットにストレスを感じる人が現れ、
仲良しだけのプライベートチャットが
出来上がって行きました。


私があの時感じたこと。

みんなあまりにも仲良くなり過ぎたな。
互いに一方的に求め過ぎだよな。

相手を自分色にしようとして、、、

深く知れば知るほど、
失望していっていったのだろうなと。



皆さんの周りはそんなふうな
状況になっていませんか?

もしそうなら、、、

終焉はすぐそこまで来てますよ。

そうなる前に、互いを認め尊重し、
そして「仲良し」でいられることに
日々感謝をしましょう。



以上、よろしくお願いします。

こんにちは。
ぴーすvのリーダーことみです。


最近、自席のパソコンから
ネットアクセスできるようになった。

ネットアクセス快適やー。

スマホからブログ書くのに比べて
すんげーラクだし。

いやぁ、快適、快適。



最近のクランの活動状況
だけど。



2015年2月28日に、
エレちゃんと立ち上げた
ぴーすvも、
今ではだいぶ成長し、
安定クランとなってきた。

2016年11月現在、
アクティブメンバーのみで
構成されていて、

私も含めて
17 人のメンバーが
活動している。

それぞれ個性があり、
愛すべきメンバーばかり。

クランを長く続けている
せいもあり、長期定住メンバー
ばかりになってきた。

途中途中、
脱退した人も多いけど。

私自身は、引き続き、
毎月毎月グロチャ
新メンバーを勧誘して、
クランの永続的な
成長を目指してるつもり。



で、本題本題。


私がクランで大切に
していることがある。


それは、

コミュニケーションだったり

繋がっているという実感だったり、

一体感というものだったり。

なんだけど。


それを実現するための、
手段として、

最も大切にしているのが

「クラン対戦」。

チャットや援軍送受なども
重要な要素だけど。

「クラン対戦」。

ファーミングだって
そこそこ大切だし。
村育成もしてほしいけど。

「クラン対戦」。

ファーミングなんかより
何十倍もクラン対戦を
重視してる。


メンバーには、

「うちはファーミングクランでなく
 対戦特化クランだよ!」

と伝えてるくらい。

「クラン対戦」。



だから、対戦から遠ざかり、
対戦に興味のない方には
お引き取り願ってたりもする。



すべてのクラメンの活動の中心に、
クランとクラン対戦を置くようにする
ことこそがクランが永続的な組織に
なると、

私はそう信じてる。



そして、

「クラン対戦を日常生活の一部とする」

ことを、みんなに
自然な形で受け入れて
もらえたらと思ってる。

(そんな強く思ってはないけど)


そうなるようにするために、
クラン対戦には
いくつか留意を置いている。


(1)疲れにくいものする

クラン対戦は体力
精神力を消耗する。

疲弊すれば活力を失う。 

消耗した体力や精神力
には回復期間が必要。

過密スケジュールは避けて、
対戦の間に1日以上の休息期間を。


(2)本気とカジュアルで緩急を

ガチとカジュアルで緩急をつけ、
クラン対戦に必要な体力を
徐々に底上げしていく。

カジュアル戦では勝利至上
主義ではなく、気楽に2戦
出せるようにし。

ガチ戦では勝利のために
全力を傾ける。

これも気ままに対戦を
スケジュールするのでなく
決まったルーチンの中で
回すようにする。


(3)刺激的に盛り上がる

とは言えマンネリはやってくる。
マンネリを打破するための
企画モノを実施する。

マンネリは怖いもので。

だんだんと、
対戦での応援だったりも
ダレたりする。

でも、

イベント対戦は一味違う。


ただ、イベント対戦は体力も
消耗するし、時間の
拘束も通常戦よりも
負担が大きい。

そんなに頻繁には
やりはしない。

月1回のイベント開催
というようにしている。

今月のイベントは
何かな?
ってぐらいのモノを
準備していく。



(4)全てルーチンとして動かす

そして、これらすべてのことが、
ほぼ決まったインターバルで
発生するようにする。


そうすることで、

日常生活として
対戦を重ねられるようになる。


このリズムを崩さないように、
このリズムに、
みんなのリアルの生活の中
でのクラクラ比重が
ほどよくバランスとれるように。

しっくり馴染んでいくように
延々と対戦を続けていく
のである。


プレイヤーによって個々の
体力は異なるから、それぞれ
のクランのアベレージだったり
期待するレベルは異なる。

だから、クランによっては
連戦連戦、毎回ガチ戦、
半分以上はイベント戦
みたいなところもあるかも
しれない。


それぞれのクランのペース
をきちんと作っていくことが
重要かと。



LSDとインターバルと。


長い距離を無理なく
走り続けられるように。


以上、よろしくお願いいたします。


↑このページのトップヘ