本日もクラチャは長閑なり|ぴーすv|クラクラ攻略ブログ

スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」でクラン「ぴーすv」のリーダーブログ!のんびりまったりとクラン運営についてブログ書いてるぜ!

全壊取りたいよー

おはようございます。
ぴーすvのリーダーしてます、ジャストミートことみです。

第125戦は、マレーシアのクラン様(クランレベル7)との対戦でした。98勝されておりますので、うちと同じくらいではないでしょうか?

今回も無事に勝利を収めることができました。パチパチ。序盤から終始相手がスコア的にはリードしていたのですが、うちも全員でしっかりと協力しながらフォローで星を拾い上げながらスコアを伸ばして勝利をすることができました。

第125戦:41-36で勝利!


今回は週末ということでちょっとパソコンのセッティングをして動画配信にチャレンジしてみました。ツイキャスというモバイル向け動画配信サービスを使っております。

他にも、YouTubeライブ、カムコード、twitchなども利用してみたのですが、気軽にふわ〜っとtwitterから視聴にこれる感が強いかなと思って、ツイキャスをセレクト。

ただ、あれですね、配信したり、ブログ書いたり、ツイートしたりしてると、クラチャでのチャット時間がかなり減少しますね。長閑なクラチャがより一層長閑になっちゃいそうです(笑)。

とか言いながら、クラチャが過疎ってるかというと、最近そうでもなくて(実は)、1時間に1回くらい誰と誰かがなんとなくチャットしてます。え?少ない?そんなことないです!うちのクランの感じからすると、かなり賑やかな雰囲気です。

そうそう!

それでメンバーのみんなにツイキャス始めたことを伝えたら、みんなちょっと見てくれたりしてですね、少し感動しちゃいました。うちのメンバーもネット民がどんどん増えてきました!現在、うーんと、4名のtwitterアカウントが登場!すごい!すごい!

以上です。

おはようございます!
「ぴーすv」リーダーのことみパパです。

image

今対戦では「クラン対戦用JPN3」さんという国内クラン様にお相手頂きました。クラン対戦勝利回数180回超えの、歴戦を勝ち抜いてきたクラン様ということもあり、戦闘日前日からテンションMAXで臨んでいきました!


対戦結果は、26-23ということで、接戦の末勝利を収めることが出来ました。私自身は反省点も多かったのですが、それでも少しでも勝利に貢献できていたかなと思うことにします。

あと1ヶ月で、ぴーすvも1周年を迎えます。昨年の10月に参加したクランの出直し解散を経て、エレちゃんの建てたこの「ぴーすv」というクランを今も心から大切にしています。リーダーをやらせて頂いて14ヶ月目になりました。少しずつクランと共に成長の歩を進めています。

さて、昨晩の対戦のあと、Twitterのクラクラ仲間が遊びに来てくれました。クラン「日本の親父」のリーダーをされているはな壱さん(壱ちゃって呼んでます!)(@hanaichiz)!めちゃくちゃいい人でビックリしました。たぶん、ご本人これ読んだら、「キャラ営業してんだから、そゆこと書かないで!マジ営業妨害だから!キャラ潰さんといて!」とお笑い芸人のようなコメントをされそうですが。普段は長閑なチャットがこんなに盛り上がるなんて、創設以来の珍事です!


こんなふうにクランに嬉しいメッセージを書いてくれました。何だかとても幸せな気持ちです。毎日、壱ちゃのブログ「自分観察」をお昼休みに読んで元気を貰ってます!かなりの糞ブログです!サラッと読めるのが何と言っても素晴らしい!ここアピールポイントなのかな?(笑)

最後に。

これまでも一生懸命にクランと共に戦ってきましたが、これからもクランと共に、クラメンと共に全力で戦っていきたいと思います。

私は、攻撃は下手っぴですが、「戦う」こと以外での表現をあまり知りません。これからもたくさん練習して戦っていきます!

心臓を捧げよ!

おはようございます。
ぴーすvのことパパです。 

よし!クランレベル9の強敵相手に何とか勝つことができました。序盤からの積極的な相手の攻撃で星は常に先行されてましたが、うちの攻撃も上位陣をバシバシ全壊を叩き出していたので終始安心してみていることができました。



ここにきてうちの上位メンバーもヒーローレベル20を超えてきたこともあり全壊率が急上昇しております。ヒーローレベルが15未満の頃はなかなか全壊を取るのが難しかったのですがヒーロー強化するとこれまでよりも手応えのあるアタックができるようになってきて楽しいのではないかと思っています。

今、TH9序盤で苦戦しているメンバーもスキルアップ頑張りながら、特にクイーンの強化に注力して頑張ってみると良いのではないでしょうか?

それでは! 

↑このページのトップヘ