本日もクラチャは長閑なり|ぴーすv|クラクラ攻略ブログ

スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」でクラン「ぴーすv」のリーダーブログ!のんびりまったりとクラン運営についてブログ書いてるぜ!

2017年07月

ふと見ると、彼女は何やら書き物をしていた。

ふいにチーフに呼ばれると、丁度書き終わったのか、彼女は筆を置いた。

そして、深呼吸をして、すっくと立ち上がり、城の外へ出て行った。

###

2017年7月20日 晴天

ある日突然、私は弱体化されました。

私のスケルトンたちがトラップに反応しなくなってしまったのです。

最初はどうしてこんな事になってしまったのか全く理解できませんでした。

それまで、私のことをみんな大好きだったはずなのに。

ネクラ、ネクヒー、ネクラ、ネクヒー!

そして、その日を境に私は周囲から無視されるようになりました。

「あいつはもうダメだ」

「最近ぜんぜん表舞台に現れなくなったな」

私の見えないところで憐れむ仲間たち。

チーフからメンバー発表があるたびに、自分の名前がそこにないことを確認し、城の中へ戻る日々。

仲間たちが賑やかに喜んでいるところを通りかかると、みんなは軽く会釈をしてくれました。

「今回も星3個取れたんだ!おめでとう!」

私は平静を装い、明るく振る舞って、その場を立ち去ります。



私は役立たずのクズだ。。。

二度と見向きもされない存在。。。

誰からも必要とされていないんだ。。。

なぜこんな仕打ちを。。。

あぁ神様なぜ私にだけこんな仕打ちを。。。



あれから1年半が経ちました。

私は復活しました。

再びチームの中で輝きを取り戻すことができました。

あんなにひ弱だった私も巨大爆弾を踏んだだけでは死ななくなりました。

スケルトンたちだって時間をかけずにたくさん召喚できるようになりました。

今なら分かります、今なら。

でも、あの時は、ただただ辛くて、その辛さに耐えて生きるだけの日々でした。

でも、本当は私は必要とされていたのです。

必要とされているからこそ、愛されているからこそ、再びチーフに呼ばれる存在になれたのです。

私はずっと必要とされる存在だったのです。

###

彼女が密かに書いてた日記。

ごめんね、いけないと思いつつ読んでしまったよ。

城を飛び出していった彼女の後ろ姿を思い浮かべ、僕は涙を流した。

それじゃ僕はどうなんだろうか。

壁に立てかけてあるスコップを手に取り、磨き上げたスプーン状の鋼に映る自分をまじまじと見つめる。

僕だって、僕だってきっと。
きっと愛されているんだ。

ディガーはそう自分に言い聞かせると、力強くスコップを振り上げ、地中深く潜っていった。

作:ことみん

作:クワトロ・バジーナ大尉(ぴーすv

 

alex

もうここにいても意味ないから抜けるわ。

じゃあな。

 

alex

クランを脱退しました。

 

* * *

 

また一人減ったクランメンバーを見て、ゲイリーは肩をすくめた。

今月で3人目だ。みんなどうしたっていうのだろう。

 

14歳のゲイリーは、クラン「カリフォルニア砂漠」でリーダーをしていた。

対戦では常勝、youtuberも在籍していて、メンバーは常に満員状態。半年前には、そんな誰もが憧れる人気クランだった。

それがいまや、たったの13人。しかもみんな、最近全然プレイしていない。

 

自分が悪いんだろうか。ゲイリーは何度も自問した。

これまでメンバーの意見には常に耳を傾けながらクラン運営をしてきた。

理不尽なキックや降格をしたことも、メンバーの怠慢を見逃したこともない。

 

ゲイリー

また一人いなくなっちゃったね。

 

ゲイリー

でも大丈夫、これからいくらでもやり直せるさ。

 

ゲイリー

ほらみんな、もし見ていたら何か書き込んでよ。

 

努めて明るく振舞っても、チャットに赤いマークは点灯しない。

みんな黙ったままで、たまに光るのは新着ニュースの告知だけだ。

 

<銀河の向こうには何がある?>

 

画面には宇宙船に乗ったホグライダーとバーバリアンが、丸窓から星々を眺める楽しそうな絵が広がる。

その絵に励まされて、ゲイリーは少しだけ元気を取り戻した。

 

「ゲイリー、帰ったわよ」

玄関先から響いた声に、ゲイリーは顔を上げた。

 

「あ……母さん、おかえり」

ゲイリーが部屋から顔を出すと、煤で顔を真っ黒にした母親がビニール袋を片手に項垂れている。

 

「今日はベーコンが手に入ったわ」

ため息を吐きながら、無気力に母親は言った。

またベーコンだけか、とゲイリーは言わなかった。

ベーコンが食べられるだけで幸せなのだ。

 

ゲイリーは中学生だった。そう、中学生だった。

しかし最後に学校に行ったのは半年も昔のことだ。

 

中学生だったゲイリーは、ある日突然両親から学校に行くことを止められた。

両親は、外の空気は体に悪いから、と言った。

 

遠い国が起こした戦争のせいで、昼でも空が暗くなったのはゲイリーも知っていた。

それに昼も夜も強い風が吹いて、砂嵐や灰がそこら中に舞っていた。

ゲイリーは勉強が嫌いではなかったが、学校に行きたいとは思っていなかったので、両親の言うとおりに一日中家の中で過ごすことにした。

 

家の中には父の集めていた本がたくさんあって、ゲイリーは起きている時間、それを読んだ。

飽きるとクラクラをして、それからまた本に目を落とした。

 

父親ははじめ、ゲイリーがスマホを触ることを良く思わなかったが、クラクラに夢中になっている様子を見て渋々それを許した。

地元の工場で働いていた父親は、ある日を境に家に戻らなくなった。

 

きっと仕事が忙しいのだろうと、ゲイリーは思った。

母親はゲイリーを家に置いて、毎日外に出ては、どこからか食べ物を持ってくる。

空が暗くなってから、食べ物を手に入れるのは難しいらしい。

 

ゲイリーは自分も外に出て食べ物を探したいと思ったが、母親はそれを許さなかった。

だからゲイリーは朝起きては本を読み、暗くなったらまた眠る毎日を送っていた。

 

それは退屈である反面、クラクラに集中できる時間が増えることでもあった。

半年前にタウンホールレベル9の中盤だったゲイリーの村は、いつの間にかレベル11になり、あとはヒーローのカンストを待つのみとなった。

 

クランの人数は日に日に減っていき、チャットにはゲイリーの独り言と、メンバーのクラン脱退を知らせる赤文字が、サンドイッチのように代わる代わる表示される。

それでもゲイリーは、いつの日かメンバーが戻ってきて、前のような活気あるクランになることを信じて、チャットに書き込み続けた。

 

ゲイリー

次のアップデートは「銀河の向こうにはなにがある?」だって!

何だろう、ひょっとして、宇宙編が実装されるのかな!?

 

* * *

 

ある日、ゲイリーは目を覚ますと、リビングに父の声を聴いた。

「父さん、帰ってきたんだ」

 

そう思って部屋を飛び出そうとしたが、どうも様子がおかしい。

父の怒鳴り声に混じって、母の泣き声が聞こえる。

 

「そんなこと言ったって仕方ないだろ! うちには他の家みたいな金はないんだ!」

「でも、それじゃ私たちこれからどうやって生きていけばいいのよ」

「そんなこと知るか! もうみんなここにはいないんだ。俺たちだけ何とかするしかないだろ!」

 

どうやら二人は喧嘩をしているらしかった。

両親が喧嘩をすることは何度かあったし、父も仕事で疲れていて、母も毎日の食料を調達するので精一杯なのだろう。

 

「でもそれじゃ、ゲイリーが可哀そうじゃない!」

「何を今更! お前だって賛成して今までゲイリーを家から出さなかったんじゃないか!」

喧嘩はどんどんエスカレートしていく。

 

ゲイリーは聞いてはいけないことを聞いているような気がして、静かに部屋の扉から離れた。

完全にタイミングを逃したゲイリーは、窓際のカーテンを開け、昼間なのに薄暗い外の景色を見る。

 

街は日に日に暗くなっているようで、いつもは向こうに見えていた緑の山々も、いまは得体の知れない黒い塊になっていた。

外は風が強いらしく、電線は大きく揺れ、そこら中を煤だか灰だかよく分からないものが舞っている。

 

そのときゲイリーは、街の景色にかすかな違和感を覚えた。

大通りには誰一人歩いておらず、いつも行き交っているはずの車は一台も通っていない。

薄暗い中なのに電気を点けている家は一軒もなく、近所の家は真っ暗になっている。

 

ゲイリーは少しだけ不安になり、慌ててベッドの上のスマホを掴んだ。

素早く画面上で指を滑らせ、クラクラを起動する。

 

いつもの起動音に、ロード画面。

最近なぜかインターネットに繋がらないことが多かったので、ロードが終わり、村が表示されると、ゲイリーは安堵の息を漏らした。

 

相変わらずクランチャットは静かなままで、誰からの反応もない。

昨日の夜に書き込んだゲイリーの独り言が、そのまま表示されている。

目についたのは、右下の新着ニュースの赤い通知。

 

アップデートの告知だろうか。ゲイリーはそんな風に思った。

最近接続が不安定だったから、その改善がされるのかもしれない。

親指でボタンに軽く触れると、それは果たしてアップデートの知らせだった。

緑色の「詳しくはこちら」のボタンは、いつもと変わらない。

 

変わっているのは、家の中の様子だ。リビングからは、母の鳴き声が聞こえる。

「ゲイリーに何て言ったらいいの!?」

 

半ば狂ったような母の声。激昂する父の声。

漠然とした気まずさと焦りと、どこからか湧き出る罪悪感。

それから必死に逃げ出そうと、ゲイリーはすがるような思いで「詳しくはこちら」の緑色のボタンを押した。

 

* * *

 

20XXX月のアップデート 

銀河の向こうにはなにがある?

 

こんにちは、チーフ!

 

いつもクラッシュ・オブ・クランをプレイいただきありがとうございます。

このたび、運営会社はすべての機能を月面本社へ移管し、地球上でのすべてのサービスを終了することとなりました。

 

先の世界大戦での環境汚染と、インターネットを中心とした社会インフラの崩壊により、地球上での持続的なサービス提供は極めて難しいものとなっています。

今後は、世界規模での宇宙移民に対応し、月および周辺の惑星でのサービス展開をしてまいります。

 

クラッシュ・オブ・クランは宇宙空間に適応した形で進化を続けてまいりますので、宇宙移民の皆様には、引き続きプレイいただくことが可能です。

 

また、地球での生活を余儀なくされている皆様におかれましては、たいへん心苦しくはございますが、残り三日ほどの間でゲームがプレイ不可となり、ゲームデータも順次削除させていただきます。

これまでクラッシュ・オブ・クランをプレイいただきありがとうございました。

 

それでは、また会う日まで。

 

さようなら、チーフ。

まいど~🎵

あたくし、ことみん……
ではありません。←一体誰やねん!

皆さん、初めまして~ヽ(´ー`)ノ
リーダーことみんの命でぴーすvでサブリーダーをやっております、あーくんと申します。
こちらでブログリレーをするにあたりまして、今回から参加していろいろ書くことになりましたので何卒よろしくお願いいたしますm(__)m


あたくしもぴーすvに参加してからもうすぐ2年が経とうとしております。
長かったような、あっという間のような……
今ではことみんさんの事は、リダとか
こともんとかこともんとか
こともんと呼んでます(*´・∀・`)エヘヘ
エレさんがそう呼んでいたので、あたくしも受け売りでそう呼ぶようになりましたwww


そんなこともんはクラチャは長閑だとおっしゃっておりますが、賑やかな時はかなり賑やかで会話が面白いのであります。

image


こともんのおーおーはもはや、口癖の1つのようなものです。
この言葉1つで何でも意思疏通できる優れものとなっております。

image


挨拶が、おへようございますになっておりますねww
これはただの誤字なのか、それとも、あえてウケを狙ってこんな感じにしてるのか……

さらには、おはぽよーんなる挨拶まで飛び出してます!
これはもはや、宇宙人との交信でもしようかという勢いじゃないですか!

他にも「つるーん」とか「ぴこーん」とか、謎の擬音が常々飛び出しております……(;´д`)


これはまさに、
こともん語のパンデミック状態や!

このままでは、クラチャが擬音で汚染され、侵食、やがて全ての言葉を支配することに
((( ;゚Д゚)))ヒエーッ

image


こんな感じになってます。
会話が成立してないような( ̄▽ ̄;)


と、大袈裟に言ってはみたものの……

よくよく考えたら、このこともん語がクラチャの明るく楽しい雰囲気を作り出しているのは事実であります。
だから、これを見てクランに参加したいと思ってくれる人がいたらうれしいなぁ(*´ー`*)

これからも頼みますぜ!
我らがリーダー、こともん\(^o^)/


最後まで見ていただきましてありがとうございますm(__)m
次回のあたくしの更新はいつになるかわかりませんが、楽しみにお待ちくださいね( ´∀`)
以上、あーくんでした。ぴこーん←あっ‼

おはようございます。
ぴーすvのリーダーことみんです。

昨日会社のストレスチェックを受けてきました。結果は、全項目「望ましい状態にあります」って出ました。ふぅ、さすが能天気。ストレス要因が無いそうです。

たぶん暇になったからだと思います。イイィイヤッホーーーイ!!!

本日は、ほとんど公にしたことがない、ぴーす系列の仲間をご紹介いたします。

そう言えば、バトルフィーバーJってのがやっててですね。

保育園でジャパンになりきって友達ぶん殴って、ミスアメリカの艶めかしさに興奮しておりました。

バトルフィーバーJ

このあとは、ゴレンジャー、デンジマンとかだっけ、、、忘れちった。

でわ、ぴーす戦隊メンバー一挙紹介してくよー!おーおー!

◆設立から3年目のクランでし!

えー、ぴーすvはおかげさまで今年の2月末に2周年を迎えることができ、3年目に突入。

ぴーすvだお!

みんなと仲良くダラダラ過ごしてます。

バトルフィーバーなら、ジャパン!

◆クラロワだってやってるよ!

毎日宝箱開いたりしてます!それだけです!

ぴーすwだお!

バトルフィーバーなら、フランス!

◆うぇーいタスクフォース!

ブームビーチにも出没するおーー!誰か遊びに来ないかなあー。1週間に一度チャットしようず!

ぴーすxだお!

バトルフィーバーなら、コサック!

◆やっぱファーミング大切たいせつ

レベルが低すぎてコミュニティに参加できないけど、あるらしいよー

ぴーすyだお!

バトルフィーバーなら、アメリカ♡

というわけで、バトルフィーバーぴーす一挙に紹介しちゃったよ!

ぴーすvではいつでもクラメン募集してます!のんびりとマイペースながら楽しくクラン対戦勝ちにいきましょ!

以上、よろしくお願い致します!

ぴーすvリーダー
ことみん

おはようございます。
ぴーすvのリーダーことみんです。

気が向いたので、ブログリレー勝手に次の記事投稿しちゃおっかな

だいぶ夏っぽい感じの暑さになって来ました。台風も去って天気は快晴!

私実は暑がりなんです。相方のエレちゃんも暑がりなんです。なんか毎日「あちーあちー」言ってます。


◆トロ上げたのちいーよー

ところで最近の私結構クラクラやりまくってるんですよ。仕事も落ち着いてきて、この9ヶ月間のクラクラできないストレスを発散すべく。

トロ上げ再開

中断してたトロ上げも再開。電車の中でマルチブースト回してベビドラでちまちまトロ上げに励んでます。

◆もっと上手くなりたいよー

でも、単調な作業なのでどうしても飽きてしまいます。しかも、この編成を続けてると、対戦スキルが磨けないんです。

クラン内では対戦スキルは底辺の方にいて、クランの中でもワースト5の成績なんです。(リーダーは下手でもいいのだ!)

一生懸命プランニングとかもしてるんですよ。でも、プラン自体が破綻してたり、プラン実行力が伴ってなかったり(基本スキルが足りてないなど)で、自分で自分に呆れてます。

しかも対戦では一番手になる事が多くて。一番手に立つってことはさ、その人の二回分の攻撃による上位との直接対決如何で勝敗を左右するようなことになる訳じゃないですか。

だから、毎回凄い(心地よい)プレッシャーなんですね。そこに来て、頻繁にコケるもんだから、申し訳なさハンパない。

クラメンから「帰れー」って野次が飛んで来てもおかしくないレベル。

だから、もっと練習したい。ちゃんと普段のマルチでもきちんとやろうって最近頓に思ってるわけ。(フレチャレやれよ!そ、そうすよね)

◆やりたい事を全力で

私やりたい事はなんでも全力でやって、更に楽しんでやろうって決めてるんです。「あー、これつまらねーわー」なんて思いながらやっててもいい事ないしね。

仕事とかでもそう。目の前にあるやるべき事とかも、「やらなくちゃいけない」とはなるべく考えないようにしてます。

頭を使って創意工夫を凝らして、なるべく楽しめるように自分で目標作ったり、変なルールとか自分で導入したり、マインド自体を切り替えたり、一生懸命頑張るんです。

そうすると自然と何でも全力で取り組めるようになるんですね。

◆まず今の目標

で、ですね、クラクラもずっとずっと長く楽しめるよう、その時々で目標決めてるんす。(そのうち目標忘れてたり、すり替えたりもするけど)。

とりあえず今の目標を書いておくと。

一つ目「対戦できちんと全壊取りたい」

もう少し具体的に書くとインフェルノなしTH10村から、きちんと全壊取れるようになりたい。スキルも伸ばしたいところだけど、まずはユニット強化して攻撃力で押し切るぐらいなところまで到達したいんです。

そのために、ファーミングに集中してます。ファーミングではエリ、ダクエリ中心に。特にアチャクイ40歳にするのが目先の目標。

それから、プレイスキルの向上ね。

これはもう如何ともしがたいものがあるけども、クラン対戦では最近ずっとクイヒーを使ってます。(それにしてもクイヒー回しって動画で見ると綺麗なのに、私がやると何であんなに下手くそなのか。)

もう泣きそうです。泣いてても上手くならないから練習するしかないんです。

で、普段のマルチでも、これからはクイヒーやって行こうと思ってます。クイヒーディガーにするる!

二つ目の目標は「20人対戦できるくらいまで人を集める」

これは主にはクランの宣伝がんばりやす!ってことになるのかな。

ブログやツイッターでクランの宣伝するのはあまり好きではなかったんだけども、最近は本格的に勧誘して行こうって思い始めました。

それから、勧誘と言えば何と言ってもグロチャ勧誘です。グロチャでしっかりとうちのクランは楽しめるクランだよって宣伝したいなと思ってます。

そのために、目を向けて貰えるようにいろんな努力するぞっと。

その一つが「レジェンドになること」です(すごいこじつけや、反論出そう)。

「人は見た目が9割」などと言われるように、きっとグロチャでも見た目は重視されてるのかなって(本質的ではないんだけども)思っててトロ上げ頑張ってます。

半分はトロ上げという行為に自分自身に意味を持たせるための動機付けだったりもしますが、、、

◆目標をブレイクダウンして

こんなふうに、今やりたい事は何かをきちんと整理して、更に具体的な行動にまで落としていくのが楽しい!

そこから、更に、もっと効率よくできないだろうかと、自分の中で思考を反復させていくんです。

例えば、プランニング時間かかり過ぎてるなら、時間を何とかして短くできないか?とか。

リア多忙の中、対戦きちんと2回の攻撃を満足いくとこまでプラン考えるのはかなり厳しい。

んで、こちら。Clash Playbookをダウンロードしてプランを考えるようになりました。Sketchよりだいぶラク!

プラン雑過ぎ(草)

それから!もっとトロ上げとファーミングを効率よくできないだろうかと考えて、ファーミングの回転上げて小トロを稼ぐ方向に変えたり、大トロ狙わずに資源30万以上のところで削ってリーグ報酬とでガッツリ稼ぐとか。

こんなふうに自分の目標を具体的に達成できるようにするための努力をしている時ってとても楽しいんですよね。

ゆくゆくは人数増えて、フレチャレとかも活発にできるよつになったらもっともっとプレイスキルは上達するだろうなぁって思い描いてたりもするけども、それはもう少し先かな(^ ^)

夜村も楽しんでますよ。

アチャラッシュで削る事もするけども、毎回陣をきちんと見て、ババアチャか、ジャイババか、ジャイババボンか、はたまた空攻めかとか考えて、可能な限り全壊狙うんです。

これも凄く頭を使うから楽しいんです。

私はこんなふうにクラクラを全方向から楽しんでます。

あとはもっと巧くなれたらいいのになぁ。今年の夏は思いっきりクラクラやれそうで今からワクワクしてます(^ ^)

以上、よろしくお願い致します。

ぴーすvリーダー
ことみん

↑このページのトップヘ