こんちゃす。
ぴーすvのことみです。

昨日ドズルさん主催で「Osaka Clash」というイベントが大阪で開催されていたんですよね。

このイベント、クラクラとクラロワの二つのスマホゲームのトーナメント大会でして、大勢のファンの方々が集まったようです。

イベント運営の皆様たいへんお疲れ様でした。


自分はというと、自宅でぐうたらtwitter上のタイムラインを眺めたり昼寝したりしてたんですが。。。

そして、会場に足を運んでもないのに大阪クラッシュのエントリ書いてるっていうね。

やっぱリアルイベントは違うな!

現地で会ってわちゃわちゃしてるツイートとかを眺めてると、なんかやっぱりオンラインだけでないリアルなイベントは盛り上がり方が全然違うなって。

顔の見えない相手が目の前にリアルで立っている感じ。

オンからオフの世界へ踏み入れた感動、感情の爆発、恥じらいやらためらい、そんなものを感じずにはいられませんでした。

この規模のイベントはマジすごい

昨年のTGS2015で開催された「Tokyo Clash」の後からクラクラ界隈は凄いフィーバー状態になったじゃないっすか。

そのあと、クラクラもコンテンツとしての賞味期限が切れたんじゃね?オワコン?みたいなムードがあったけど。

やっぱクラクラはまだまだやりようによっては、ファンの盛り上がりは凄いものがあるんだなって。

この規模のイベントを何回も企画実行してるドズルさんはバケモン。

この人いなくなったらどうなるのかっていう不安は誰しも感じるとこだと思います。

公式さんも頑張った。そしてもっと頑張って。

今回のイベントについて、これまでと違かった点が一つある。それはゲーム内の新着情報でイベントが公式アナウンスされたということ。


これってもしかして公式イベントだったのかな?

Supercell スポンサードなら、ある意味当然だし、ある意味ガッカリだけど。

もし、ファンイベントに対して、Supercell がこのような対応をしてくれたのなら、なかなか素晴らしいアクション!

これまでクラクラアワード2015やクラクラスペースなどもゲーム内新着情報でアナウンスされることは無かったはずで。

結局ファンが熱意を持ってファンイベントを企画してもクラクラユーザー全体のほんの一部にしかリーチしないのです。

クラクラブログを読んでる人、クラクラ動画を見てる人、クラクラツイートしてる人、そんな熱心なファン層だけでなく。

もっと普通の人たちにもクラクラの面白さを伝えて欲しい。

クラクラがこれからも長生きしてほしいなと、一ファンとして切に願うばかりです。

以上、よろしくお願い致します。